中野高さんの背泳ぎスピードアップ・プログラム 評判レビュー

練習すればするほど体が浮かぶようになります。中野高さんの背泳ぎスピードアップ・プログラムで、スイスイ泳ぐ感覚を味わってみませんか?

背泳ぎ浮かない

f:id:nakanoseoyogi:20170318164555j:plain

背泳ぎでは身体が上下に大きく動いてしまい、推進力もなければフォームがぎこちなくなっていたとしても、
水に対する感性がどんどん養われていき、スタートからフィニッシュまでトップを守って泳ぎきれるようになる背泳ぎ練習方法がこちら



あなたも、下のような悩みを抱えるのはさっさと終わりにして、背泳ぎでぐんぐん前に進んでみたいと思いませんか?

プルは空振りが多い

下半身が左右に振られる

背泳ぎのキックが遅い

鼻に水が入って苦しい


背泳ぎの下手な人は、上手な人に比べると左右に行ったり来たりして、なかなかまっすぐ前に進めなかったりしますよね。


身体が左右にぶれるということは、それだけ距離も損をすることになるし、水の抵抗だって強くなるので、致命的なスピードダウンにつながってしまいます。

 



まっすぐ泳げるようになるだけでも、今よりもうんとタイムを伸ばすことができるわけですが、ただまっすぐ泳ごうと意識するだけでは裏目に出る可能性があります。


私たちの体の自然な仕組みとして、右手を大きく上に伸ばすと身体はわずかに左に傾くはずです。バランスが崩れないように体が微調整をしているわけです。

 



逆に、左手を伸ばせば体は自然と右に傾くことになるわけですが、体をまっすぐな状態を維持するには、逆方向に体を動かさなければいけないことがわかります。


右手を伸ばした時には右側に、左手を伸ばした時には左側に体をわずかに傾けることによって、進行方向に対して体の向きをまっすぐに維持することができるんです。

 



「左右にぶれるな!」というアドバイスの本質は、実は「左右に体を動かせ!」ということなんです。イメージで言うとパントマイムに近いものがあります。


客観的にはまっすぐ泳いでるように見えるけれど、その裏では積極的に体を動かして、身体が左右にぶれるないようにしているんです。

 



中野高さんの背泳ぎスピードアップ・プログラムでは、練習する人の目線に立ったカリキュラムが用意されているのが特徴のレッスンDVDです。


水中感覚を養うことに重点が置かれていて、泳いでいる最中に自分の体が今どんな状態なのか?を、より正確に把握できるようになります。

 



ある意味、自分自身の泳ぎを自分で客観的に分析できるようになるので、ちょっとしたずれが起きたときにも素早く気づくことができます。


水中感覚が研ぎ澄まされているからこそ、どこをどんな風に修正すれば良いのかも瞬時に判断して、タイムロスを防ぐことができます。

 



細かくパーツを分けながら細かく具体的に解説されているものの、背泳ぎで速く泳ぐには、パーツごとの動きがバラバラになってはいけません。


全ての動作を連動させて始めて、スムーズに泳げるわけですが、中野高さんの背泳ぎスピードアップ・プログラムを忠実に再現していれば問題ありません。

 



やるべき練習が最適な順番で構成されているので、あなたは最初から指でなぞるように練習に取り組んでいくだけでOKです。


階段を1段ずつ踏み上げるように難易度が上がるように工夫されていますから、途中で挫折してしまう可能性もほとんどありません。

 



あなたも、背泳ぎの上手な人が当たり前のように身に着けている速く泳ぐコツを身に着けてしまえば、タイムをどんどん伸ばすことができますよ。


後半も腕がきちんと上がる

正確なストロークで一定のテンポで泳ぎ続けられる

泳ぐときの無理な筋力の消耗がなくなる

中盤で失速しないようになる


→→水をしっかりつかめるようになる中野高さんの背泳ぎスピードアップ・プログラムをメールサポート&返金保証付きで試してみるにはこちら

f:id:nakanoseoyogi:20170318164555j:plain

 

 

 

 

広告を非表示にする